肝細胞癌の予知・診断・治療 : 集学的治療の考え方とノウハウ

池田健次 編著

[目次]

  • 慢性肝疾患からの肝癌発癌
  • 2 小型肝細胞癌の診断
  • 3 肝癌の外科切除と再発
  • 4 肝細胞癌に対するエタノール局注療法
  • 5 血管造影と肝動脈塞栓術の方法と適応
  • 6 肝癌に対する反復肝動脈塞栓術の効果と限界
  • 7 肝動脈塞栓術の副作用と合併症
  • 8 肝細胞癌に対するSMANCSの効果
  • 9 肝細胞癌に対する集学的治療と将来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肝細胞癌の予知・診断・治療 : 集学的治療の考え方とノウハウ
著作者等 池田 健次
書名ヨミ カン サイボウ ガン ノ ヨチ シンダン チリョウ
出版元 メディカルレビュー社
刊行年月 1995.3
ページ数 163p
大きさ 26cm
ISBN 4896001052
NCID BN12693919
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95051971
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想