古典の影 : 学問の危機について

西郷信綱 著

仁斎、宣長ら「古典」と現在との対話の中で、「批評と歴史」等の考察を通じて、学問の根ざすべき「経験」という地平を主題化する。危機のありかを告げ、「人間についての学」の広場へと招く開かれた思考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古典の影
  • 学問のあり方についての反省
  • 文学史の非完結性
  • 批評と文学史-アカデミズムへの疑問
  • 『読む』という行為
  • 物に行く道-宣長のこと
  • 古典としての『吉野の鮎』
  • 詩人と歴史家と-風巻景次郎『西行と兼好』
  • 万葉集と歎異抄とをむすぶ-吉野秀雄追悼
  • 学問の散文
  • 断章
  • 学界偶感
  • 『解釈』についての覚え書き

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古典の影 : 学問の危機について
著作者等 西郷 信綱
書名ヨミ コテン ノ カゲ
書名別名 Koten no kage
シリーズ名 平凡社ライブラリー 100
出版元 平凡社
刊行年月 1995.6
ページ数 316p
大きさ 16cm
ISBN 4582761003
NCID BN12687461
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95071195
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想