アメリカの影 : 戦後再見

加藤典洋 著

戦後日本の歩みに巨大な影響力を及ぼしてきた「アメリカ」。高度成長期のアメリカ依存の精神的構図を捉えた江藤淳の文芸評論『成熟と喪失』および一連の占領研究におけるその思想的道程の検証から「戦後日本とアメリカ」を問い直さんとする。原爆投下と無条件降伏をめぐる問題、占領下の新憲法制定経過など、戦後の原点となった事実を精細に論考した野心作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「アメリカ」の影-高度成長下の文学
  • 崩壊と受苦-あるいはフロンティアの消滅
  • 戦後再見-天皇・原爆・無条件降伏

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカの影 : 戦後再見
著作者等 加藤 典洋
書名ヨミ アメリカ ノ カゲ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1995.6
ページ数 333p
大きさ 15cm
ISBN 4061591827
NCID BN12682490
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95071351
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想