中世のコンスタンティノープル

橋口倫介 著

コンスタンティノープルを中心に、ギリシア・ローマの古代文明が中世に継承され、ビザンツ・中近東文明が西欧の歴史に寄与した様相を描く中世史の好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ビザンティウムのビザンティン人
  • 第1章 3つのポルトレ
  • 第2章 東ヨーロッパ人の起源と発展
  • 第3章 城壁は語る
  • 第4章 正統信仰を見守る眼
  • 第5章 コンスタンティノープル征服
  • 第6章 市民の日常生活点描
  • 終章 最後の嵐

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世のコンスタンティノープル
著作者等 橋口 倫介
書名ヨミ チュウセイ ノ コンスタンティノープル
書名別名 Chusei no konsutantinopuru
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1995.6
ページ数 301p
大きさ 15cm
ISBN 4061591800
NCID BN12682399
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95063171
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想