凡庸な芸術家の肖像  上

蓮実重彦 著

「フロベールの才能を欠いた友人」としてのみ、かろうじてその名を文学史の上にとどめるマクシム・デュ・カン。彼の"凡庸"な生涯と作品をたどりながら、1848年のパリ2月革命から19世紀末にいたる、近代が確立期から成熟期へと向かい、時代そのものが人に凡庸たれと要請する大衆の時代が出現するまでの過程を鮮やかに描き出す、豊饒なる文化の詩学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 蕩児の成熟
  • 蕩児は予言する
  • 特権者の代弁
  • 開かれた詩人の誠実
  • 韻文の蒸気機関車
  • 凡庸さの発明
  • 旅行者の誕生
  • 芸術家は捏造される
  • 仮装と失望
  • 写真家は文芸雑誌を刊行する〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 凡庸な芸術家の肖像
著作者等 蓮実 重彦
書名ヨミ ボンヨウナ ゲイジュツカ ノ ショウゾウ
書名別名 Bon'yona geijutsuka no shozo
シリーズ名 ちくま学芸文庫
巻冊次
出版元 筑摩書房
刊行年月 1995.6
ページ数 516, 13p
大きさ 15cm
ISBN 4480082123
NCID BN12659794
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95071417
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想