機械の中の幽霊

アーサー・ケストラー 著 ; 日高敏隆, 長野敬 訳

あらゆる生物、そして人間とその社会の現象は、上位のレベルから見れば「部分」であり、同時に下位のレベルに対しては「全体」であるという両面性をもっている。ケストラーは、これを『ホロン』と命名した。さて人間に目をやると、さまざまなレベルの『ホロン』からなる階層秩序が不安定で、欠陥を伴っているのはなぜだろうか。それは進化によるものではないのか。こうして、すべてを部分に還元する正統進化論の還元主義ではとらえられない、人間の創造性と病理が根源から解き明かされる。心理学、生物学、進化論のほか、人文・自然科学の豊富な知見をふまえた、現代の危機の診断書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 秩序(心理学の貧困
  • 単語の鎖と言語の木
  • ホロン ほか)
  • 第2部 生成(胚の戦略
  • 進化-主題と変奏 ほか)
  • 第3部 無秩序(人類の苦境
  • 三つの脳
  • ユニークな種 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 機械の中の幽霊
著作者等 Koestler, Arthur
日高 敏隆
長野 敬
ケストラー アーサー
書名ヨミ キカイ ノ ナカ ノ ユウレイ
書名別名 The ghost in the machine

Kikai no naka no yurei
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1995.6
ページ数 555, 9p
大きさ 15cm
ISBN 4480082174
NCID BN12658849
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95069053
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想