日本的風土をはみだした男 : パリの大杉栄

松本伸夫 著

虐殺された日本の代表的なアナーキスト大杉栄は日本を脱出、第一次大戦後の疲弊と不安の中に文化の華を咲かせたパリに潜入。自由な精神とその足跡を辿る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 大杉栄と仲間たち展 一九九三年九月
  • 第1章 初めてのパリで 一九二三年二-三月
  • 第2章 ラ・ガレンヌ・コロンブで 一九二三年二-三月
  • 第3章 モンマルトルで 一九二三年三月
  • 第4章 リヨンで 一九二三年三-四月
  • 第5章 再びパリへ 一九二三年五月
  • エピローグ 国外追放 一九二三年六月

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本的風土をはみだした男 : パリの大杉栄
著作者等 松本 伸夫
書名ヨミ ニホンテキ フウド オ ハミダシタ オトコ
出版元 雄山閣
刊行年月 1995.4
ページ数 249, 3p
大きさ 19cm
ISBN 4639012829
NCID BN12647456
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95063275
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想