阿弥陀経の世界

竹内維茂 著

日本人に最も親しまれてきた経典の一つ『阿弥陀経』は、釈尊の最晩年、先に逝く高弟・舎利弗との別れを背景に説かれた。人間の真実の救いとは何か、いま釈尊直々の説法が我々の耳許に蘇る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 仏説阿弥陀経
  • 阿弥陀経とはどういう経か
  • この経の翻訳者鳩摩羅什
  • 阿弥陀経の眼目
  • 舎利弗について
  • 経の成立
  • 阿弥陀仏の国土
  • 阿弥陀仏の国土の成り立ち
  • 阿弥陀仏について
  • 仏の時間・衆生の時間〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 阿弥陀経の世界
著作者等 竹内 維茂
書名ヨミ アミダキョウ ノ セカイ
シリーズ名 阿弥陀経
出版元 弥生書房
刊行年月 1995.4
ページ数 342p
大きさ 20cm
ISBN 4841506977
NCID BN12637055
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95053123
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想