象を撃つ : オーウェル評論集1

ジョージ・オーウェル 著 ; 川端康雄 編 ; 井上摩耶子 ほか訳

玻瑠のように澄んだ言葉で大英帝国への憎しみを語ったオーウェル、「右であれ左であれ、わが祖国」と、英国への愛を語ったオーウェル、どちらもおなじディーセントなオーウェル。その自伝的エッセイを収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 象を撃つ : オーウェル評論集1
著作者等 Orwell, George
井上 摩耶子
川端 康雄
小野 協一
小野寺 健
河合 秀和
オーウェル ジョージ
書名ヨミ ゾウ オ ウツ
書名別名 The collected essays,journalism and letters of George Orwell. (抄訳)
シリーズ名 平凡社ライブラリー 96
出版元 平凡社
刊行年月 1995.5
ページ数 318p
大きさ 16cm
ISBN 4582760961
NCID BN12621951
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95062621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想