哲学・科学の核心

遠刕光翁 著

本書は、諸領域に亘り、痴相、朽相、凶相、危相を拡大する主体的、客体的本性・諸様式の深省、超克。そして、高次の主体、文化、世界を形成するための画期的な学理、方法、政策、組織、実践の核心を論述している。本書は、現状の超克を模索、希求する人々に、遡源的、全面的示唆、感銘を与える著書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 解纜の章
  • 第2章 群澪の章
  • 第3章 学燈の章
  • 第4章 大宇の章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学・科学の核心
著作者等 遠刕 光翁
遠〓 光翁
書名ヨミ テツガク カガク ノ カクシン
出版元 近代文芸社
刊行年月 1995.5
ページ数 335p
大きさ 22cm
ISBN 4773339098
NCID BN12621000
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95061211
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想