シュレーディンガー

W.ムーア 原著 ; 小林澈郎, 土佐幸子 共訳

本書は、シュレーディンガーの長女であるブラウニツァー夫人から提供された未公開資料をはじめ、多くの関係者へのインタビューや膨大な記録資料に基づいて書かれたシュレーディンガー伝記の決定版である。量子力学を形成した偉大な物理学者としての側面にとどまらず、一人の人間としての生涯を全体として描き出すことを意図したユニークな伝記といえよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 家族、幼年時代および青年時代
  • 2 ウィーン大学
  • 3 第一次大戦下のシュレーディンガー
  • 4 ウィーンからチューリッヒへ
  • 5 チューリッヒ
  • 6 波動力学の発見
  • 7 ベルリン
  • 8 オクスフォード流離
  • 9 グラーツ
  • 10 第二次大戦下のダブリン
  • 11 戦後のダブリン
  • 12 帰りなんいざウィーンへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シュレーディンガー
著作者等 Moore, Walter John
土佐 幸子
小林 澈郎
Moore Walter
小林 〓郎
ムーア W.
書名ヨミ シュレーディンガー
書名別名 Schrödinger:life and thought

その生涯と思想
出版元 培風館
刊行年月 1995.5
ページ数 598p
大きさ 22cm
ISBN 4563022209
NCID BN12620959
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95061389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想