現代のダ・ヴィンチ : サイエンスとアートの共生

高木隆司 著

自然の脅威から逃れるために、自然の仕組みを解明したいという動機から始まったサイエンス。自分たちの社会や生活を向上させ、豊かにしたいという人間の欲望から生まれたアート。本来この二つは、安定した生活、気持ちという類似した目的をもち、区別がなかった。ところが近代に入り独立専門化し、サイエンスは公害をもたらし、アートは周囲に不快を与えるものが現れ、現代ではますますこの傾向が強くなっている。本書は、現代の困った状況を解決するには、初心に返って、サイエンスとアートの共生が必要であることを提唱した野心作である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 サイエンスとアートを論じる立場
  • 2 サイエンスアートの意味するもの
  • 3 サイエンスとアートの共生
  • 4 今、サイエンスがアートに与えるもの
  • 5 今、アートがサイエンスに与えるもの
  • 6 サイエンスとアートの交流に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代のダ・ヴィンチ : サイエンスとアートの共生
著作者等 高木 隆司
書名ヨミ ゲンダイ ノ ダ ヴィンチ
シリーズ名 丸善ライブラリー 157
出版元 丸善
刊行年月 1995.5
ページ数 174p
大きさ 18cm
ISBN 4621051571
NCID BN12606539
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95062059
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想