名画修復 : 保存・復元が明かす絵画の本質

瀬木慎一 著

一九四九年、法隆寺の金堂から出火、壁に描かれた日本最古の絵画は無惨にも焼けただれた。近年、この壁画の復元の過程で、思いもかけない事実が明らかになった。それは何か。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 一点の絵が生まれるまで/2 修復とはどんな仕事か
  • 3 大修復時代の到来
  • 4 修復の前と後
  • 5 発見と論議
  • 6 予防保存学の提唱
  • 7 修復を待つ遺跡群

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 名画修復 : 保存・復元が明かす絵画の本質
著作者等 瀬木 慎一
書名ヨミ メイガ シュウフク
書名別名 Meiga shufuku
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1995.5
ページ数 186, 4p
大きさ 18cm
ISBN 4062570688
NCID BN12577554
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95058726
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想