屋久島 : 巨木の森と水の島の生態学

湯本貴和 著

針葉樹と照葉樹、亜熱帯樹と亜寒帯樹…。世界自然遺産条約に登録されたこの小さな島が育んだ、日本でいちばん豊かな緑。その中をゆく旅で、森の生態と進化の巧妙な仕組みを知る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 植物の宝庫 屋久島
  • 第2章 渓流沿いの植物を訪ねて(白谷雲水峡→辻峠)
  • 第3章 照葉樹林への路(小瀬田→愛子岳)
  • 第4章 ヤクスギのふるさと(屋久杉ランド→太忠岳)
  • 第5章 照葉樹林の移りかわり(尾之間→蛇ノ口滝)
  • 第6章 亜熱帯の海岸(栗生→中間)
  • 第7章 照葉樹林の懐の中へ(西部林道)
  • 第8章 縄文杉を訪ねて(大株歩道)
  • 第9章 奥岳にわけいる(淀川→宮之浦岳)
  • 第10章 人々と植物の関わり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 屋久島 : 巨木の森と水の島の生態学
著作者等 湯本 貴和
書名ヨミ ヤクシマ
書名別名 Yakushima
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1995.5
ページ数 201, 5p
大きさ 18cm
ISBN 406257067X
NCID BN12577306
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95058462
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想