産地生産流通論

堀田忠夫 著

本書の目的は農産物、特に青果物が産地で生産され、農協出荷組織や産地商人などを通して流通していく農業生産・出荷段階から、中央卸売市場や地方卸売市場などの市場段階、および量販店や一般小売店などの小売段階、さらには消費者の購買行動段階における幾つかの主要な問題を体系的に論究し、農産物の生産と流通を総合的に解明するところにある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 産地の生産・販売戦略
  • 第2編 産地間競争から産地間協調への模索
  • 第3編 農産物の需給調整とその課題
  • 第4編 農産物の市場流通システムの展開
  • 第5編 食料品小売市場の動向と特徴

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 産地生産流通論
著作者等 堀田 忠夫
書名ヨミ サンチ セイサン リュウツウ ロン
出版元 大明堂
刊行年月 1995.5
ページ数 276p
大きさ 22cm
ISBN 4470360562
NCID BN12554140
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95055406
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想