周易試論 : 原型と活用

永淵三郎 ほか共著

「易経」の成立以来、周易は専ら卦形の言辞の解釈に終始してきた。これに対し著者らは唯一卦形を重視しその成立原型の解明を意欲的に試みた。本書の眼目である新発見の64卦配列修正表とその活用法は今後の易学研究上の大指針である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「周易」の基本規定
  • 第2部 「周易」の連想と卦名
  • 第3部 「周易」の活用

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 周易試論 : 原型と活用
著作者等 永淵 三郎
仙田 美智子
永淵 道彦
書名ヨミ シュウエキ シロン
シリーズ名 易経
出版元 明徳出版社
刊行年月 1995.2
ページ数 278p
大きさ 19cm
ISBN 4896191234
NCID BN12549923
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96004002
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想