日本共産党党内闘争文献集  1950前編

[目次]

  • 目次
  • 發刊に際して
  • まえがき / 2
  • 第一編
  • 一、 日本の情勢について(オブザーバー)・(一・六) / 5
  • 二、 黨かく亂のデマをうち碎け(政治局・統制委員會)・(一・八) / 9
  • 三、 「日本の情勢について」に關する所感(政治局)・(一・一二) / 10
  • 四、 「黨かく亂のデマをうち碎け」について(書記局)・(一・一三) / 12
  • 五、 「志賀意見書」の全文(志賀義雄)・(一・一三) / 12
  • 六、 日本人民解放の道(北京人民日報)・(一・一七) / 17
  • 七、 第十八回擴大中央委員會一般報吿(德田書記長)・(一・一九) / 21
  • 八、 コミンフオルム機關紙の論評に關する決議(第十八回擴大中央委員會)・(一・二〇) / 29
  • 九、 國會議員ならびに縣會議員の新しい任務についての決議(第十八回擴大中央委員會)・(一・二〇) / 30
  • 一〇、 私の自己批判(野叛參三)・(二・六) / 31
  • 一一、 斗いは人民の信賴のもとに(德田球一)・(前衞四七號) / 39
  • 一二、 民族獨立のために全人民に訴う(中央委員會)・(三・二二) / 46
  • 一三、 日本共產黨の步んだ道(椎野悅朗)・(三・三一-四・三) / 53
  • 一四、 事實を事實として(神山茂夫)・(四・) / 63
  • 一五、 「日本共產黨の步んだ道」の補足(椎野悅朗)・(・) / 65
  • 一六、 日本共產黨の步むべからざる道(關西地方委員會資本主義硏究會)・(五・五) / 67
  • 一七、 同志志賀提出の『意見書』を中心とする策動に就て(統制委員會議長椎野悅朗)・(四・一五) / 81
  • 一八、 黨のボルシエヴイキ的統一强化のために(政治局員・統制委員 宮本顯治)・(四・一九) / 88
  • 一九、 志賀意見書について(政治局員 紺野與次郞)・(四・二三) / 91
  • 二〇、 全黨の同志諸君に訴える(政治局員 志賀義雄)・(四・二四) / 99
  • 二一、 共產黨勞働者黨情報局の『論評』の積極的意義(宮本顯治)・(前衞四九號) / 100
  • 二二、 第十九回中央委員會總會における報吿(德田書記長)・(四・二八) / 112
  • 二三、 中央委員會を終るにあたつての聲明(第十九回中央委員會總會)・(四・二九) / 122
  • 二四、 黨のボルシエヴイキ的統一のために分派斗爭をやめよ(政治局員 志賀義雄)・(四・三〇) / 123
  • 二五、 共產黨は人民とともに不滅である(日本共產黨)・(六・六) / 125

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本共産党党内闘争文献集
書名ヨミ ニホン キョウサントウ トウナイ トウソウ ブンケンシュウ
巻冊次 1950前編
出版元 生活書店
刊行年月 1951
ページ数 2冊
大きさ 18cm
NCID BN12541852
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
72012480
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想