韓国併合

海野福寿 著

江華島事件を口実に朝鮮の開国に成功した日本は、清国との角逐や欧米列強との利害調整をくり返しつつ、日清・日露戦争をへて、1910年、韓国を「併合」する。それは同時に、朝鮮政府・人民の粘り強い抵抗を排除する過程であり、苛酷な弾圧の歴史でもあった。朝鮮植民地化の全過程を、最新の研究成果にもとづいて叙述する待望の通史。

「BOOKデータベース」より

江華島事件を口実に朝鮮の開国に成功した日本は、清国との角逐や欧米列強との利害調整をくり返しつつ、日清・日露戦争をへて、一九一〇年、韓国を「併合」する。それは同時に、朝鮮政府・人民の粘り強い抵抗を排除する過程であり、苛酷な弾圧の歴史でもあった。朝鮮植民地化の全過程を、最新の研究成果にもとづいて叙述する待望の通史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 朝鮮の開国
  • 第2章 「軍乱」とクーデター
  • 第3章 日清戦争前後
  • 第4章 日露戦争下の韓国侵略
  • 第5章 保護国化をめぐる葛藤
  • 第6章 韓国併合への道

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 朝鮮の開国
  • 第2章 「軍乱」とクーデター
  • 第3章 日清戦争前夜
  • 第4章 日露戦争下の韓国侵略
  • 第5章 保護国化をめぐる葛藤
  • 第6章 韓国併合への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韓国併合
著作者等 海野 福寿
書名ヨミ カンコク ヘイゴウ
書名別名 Kankoku heigo
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1995.5
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 4004303885
NCID BN12539613
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95063207
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想