星間飛行 : 100年後、人類は太陽系の外へ飛ぶ

加藤寛一郎 著

人類最後のロマンはどう実現するのか。「飛ぶ」ことの究極は星と星の間の宇宙飛行にあり。飛行力学の権威が大胆に予測した心躍る書き下ろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 太陽の1億倍のブラックホールがある
  • 第2章 人類は進化していなかったかもしれない
  • 第3章 心拍は超音速で飛んでも変わらない
  • 第4章 スターウォーズは奇襲のみである
  • 第5章 動きまわる者は老けない
  • 第6章 帰りつく地球は、数世紀経過している
  • 第7章 銀河は円盤状に成長する
  • 第8章 空飛ぶ円盤は極小サイズである
  • 第9章 細胞は一個一個がコンピューターを持つ
  • 第10章 ゴシックは神の国の秩序を地上につくる
  • 第11章 神はなぜ、時間の壁をつくり給うたか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 星間飛行 : 100年後、人類は太陽系の外へ飛ぶ
著作者等 加藤 寛一郎
書名ヨミ セイカン ヒコウ
出版元 講談社
刊行年月 1995.3
ページ数 441p
大きさ 20cm
ISBN 4062075504
NCID BN12538687
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95048847
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想