「声」の資本主義 : 電話・ラジオ・蓄音機の社会史

吉見俊哉 著

「声」がブルジョア的記号として、流通しはじめる一九世紀。電気的テクノロジーが、つぎつぎに新たなネットワークを生み出した。大衆の想像力…。資本の欲望…。国家の戦略…。混沌たる草創期のメディア状況と消費社会のダイナミクスを解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 声の資本主義
  • 第1章 驚異の電気術
  • 第2章 声を複製する文化
  • 第3章 テレフォンのたのしみ
  • 第4章 村のネットワーキング
  • 第5章 無線の声のネットワーク
  • 第6章 大正のラジオマニアたち
  • 第7章 モダニズムと無線の声
  • 終章 再び、声の資本主義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「声」の資本主義 : 電話・ラジオ・蓄音機の社会史
著作者等 吉見 俊哉
書名ヨミ コエ ノ シホン シュギ
シリーズ名 講談社選書メチエ 48
出版元 講談社
刊行年月 1995.5
ページ数 294p
大きさ 19cm
ISBN 4062580489
NCID BN1253453X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95057063
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想