維新の科学精神 : 『米欧回覧実記』の見た産業技術

高田誠二 著

明治4年、岩倉使節団の一員として欧米をめぐった旧佐賀藩士久米邦武は、産業革命成熟期の科学技術に瞠目し、観察し、分析し、納得し、そして記録した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 風光の美と七色のスペクトル
  • 省力の理と邦家の経綸
  • 山水の勢と水学の用
  • 蒸気力と温素説
  • 化学の術致に迫る
  • 工業化学の勧め
  • 瓷・陶・磁・釉
  • 電信にふり回された使節団
  • 特殊病院と都市衛生
  • 泰西農業と自家農園〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 維新の科学精神 : 『米欧回覧実記』の見た産業技術
著作者等 久米 邦武
高田 誠二
書名ヨミ イシン ノ カガク セイシン
書名別名 Ishin no kagaku seishin
シリーズ名 朝日選書 527
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1995.5
ページ数 287, 6p
大きさ 19cm
ISBN 4022596279
NCID BN1253089X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95056861
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想