利休とその一族

村井康彦 著

利休の茶はどのように形成され、どのようにうけつがれていったのか。利休の死、また千家家譜の謎を解き、少庵・宗旦ら子・孫の相貌を描きつつ、茶の湯という、さまざまな芸能が寄り合う文化の本体をとらえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 利休の生涯
  • 2 利休の周辺
  • 3 道安と少庵
  • 4 宗旦の世界
  • 5 利休の実像と虚像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 利休とその一族
著作者等 村井 康彦
書名ヨミ リキュウ ト ソノ イチゾク
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 1995.5
ページ数 302p
大きさ 16cm
ISBN 4582760988
NCID BN12530222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95065950
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想