日本人の「戦争」 : 古典と死生の間で

河原宏 著

われわれはなぜ、あのように戦ったのか。正成、信長、2・26、そして「あの戦争」。痛恨をもって問う、ある「戦中派」畢生の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本人の「戦争」-古典と死生の間で
  • 2 「開戦」と「敗戦」選択の社会構造-"革命より戦争がまし"と"革命より敗戦がまし"
  • 3 天皇・戦争指導層および民衆の戦争責任
  • 4 アジアへの共感と連帯
  • 5 自壊の系譜-アジア主義の制度化をめぐって
  • 6 日本の「戦争」と帝国主義-空腹の帝国主義と飽食の帝国主義
  • 終章 特攻・玉砕への鎮魂賦

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人の「戦争」 : 古典と死生の間で
著作者等 河原 宏
書名ヨミ ニホンジン ノ センソウ
出版元 築地書館
刊行年月 1995.4
ページ数 248p
大きさ 22cm
ISBN 480675627X
NCID BN12518271
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95051545
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想