キリスト教の歴史

小田垣雅也 著

旧約聖書を生んだユダヤの歴史から説き起こし、真のイエス像と使徒たちの布教活動を考察。その後の迫害や教義の確立、正統と異端との論争、教会の墜落と改革運動など、古代から中世を経て近代、現代に至るキリスト教の歴史を、各時代の思想、政治・社会情勢のなかで、いきいきと描く。一般の教会史や教理史とは対照的に世界史におけるキリスト教の歩みと影響を論述し、真の信仰のあり方を問う力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論(聖書について
  • イスラエルの宗教)
  • 本論(キリスト教の成立
  • 古代から中世へ
  • 中世初期
  • 中世中期
  • 中世末期
  • 宗教改革 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キリスト教の歴史
著作者等 小田垣 雅也
書名ヨミ キリストキョウ ノ レキシ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1995.5
ページ数 258p
大きさ 15cm
ISBN 4061591789
NCID BN12503037
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95056513
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想