文化の深淵としての宗教 : 宗教的作用論序説

細谷昌志 著

日常性の根底に開く無の深淵宗教的体験の意味を問う。宗教体験を、文化という日常的なものの虚無性の体験の根底に開く「無の深淵」として捉える立場から、宗教の本質、その意味と働きを解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 宗教性
  • 第2章 宗教作用の諸連関
  • 第3章 知と信
  • 第4章 聖なるものの現象
  • 第5章 文化と自然あるいはトーテミズム
  • 第6章 呪術的思考と日常性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文化の深淵としての宗教 : 宗教的作用論序説
著作者等 細谷 昌志
書名ヨミ ブンカ ノ シンエン ト シテノ シュウキョウ
書名別名 Bunka no shin'en to shiteno shukyo
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1995.5
ページ数 220, 3p
大きさ 19cm
ISBN 4790705560
NCID BN12486787
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95054789
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想