後期万葉論

白川静 著

万葉の世紀は文学史の上で一つの完結性を持っている。「古と今」という分期の視点を導入し、人麻呂以後の万葉歌の諸相とその精神の軌迹を描き、文学の動的な展開の姿を浮び上らせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 分期について
  • 第2章 七夕の歌
  • 第3章 表記法について
  • 第4章 仮合即離の境涯
  • 第5章 旅人讃酒
  • 第6章 家持の軌迹
  • 第7章 底辺の歌

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 後期万葉論
著作者等 白川 静
書名ヨミ コウキ マンヨウ ロン
書名別名 Koki man'yo ron
シリーズ名 万葉集
出版元 中央公論社
刊行年月 1995.3
ページ数 366p
大きさ 20cm
ISBN 4120024067
NCID BN1247453X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95057304
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想