大空への挑戦 : 航空学の父カルマン自伝

フォン・カルマン 著 ; 野村安正 訳

フォン・カルマンは、今世紀最高の空気力学の権威者である。ハンガリーに生れ、後にアメリカに移住した後は、カリフォルニア工科大学の教授として長く活躍した。本書は、数多くの学者との交流のエピソードなどを交えながら、カルマンの歩んできた歴史を真摯に書き綴った科学技術者の貴重な自伝の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 神童
  • ミンタ
  • ロイヤル・ヨセフ
  • ジョージア・オーガスタの高僧
  • パリの間奏曲
  • 員外講師
  • 航空学の始まり
  • 物理学の新概念
  • 青年時代のアーヘン
  • 第一次世界大戦〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大空への挑戦 : 航空学の父カルマン自伝
著作者等 Von Kármán, Theodore
野村 安正
Karman Theodore Von.
カルマン テオドール・フォン
書名ヨミ オオゾラ エノ チョウセン
書名別名 The wind and beyond
出版元 森北
刊行年月 1995.3
ページ数 350p
大きさ 22cm
ISBN 4627945108
NCID BN12472931
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95045062
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想