アサガオ江戸の贈りもの : 夢から科学へ

米田芳秋 著

本書は、まず最初に、アサガオが日本に渡来してから、とくに江戸の人たちとかかわりつつ、今日までたどってきた道を紹介。次に、一つの生物としてアサガオと向き合うときに、どのように栽培し交配したらよいか、またアサガオ自身がどのように成長し、花を咲かせているのか種々の問題点をとりあげた。さらに、アサガオが一つの植物としてどこから由来したのか、そして近縁種にも触れ、あわせて種間雑種の育成による新しいアサガオの誕生についての話題を紹介した。最後に、アサガオにかける著者の夢を描いた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 アサガオの渡来から観賞花へ
  • 2章 江戸のアサガオ
  • 3章 江戸の贈りもの-変化アサガオ
  • 4章 変化アサガオから大輪アサガオへ
  • 5章 さまざまな花と葉の形
  • 6章 交配のしかた
  • 7章 栽培のしかた
  • 8章 花芽と花の色
  • 9章 アサガオの出生の秘密
  • 10章 アサガオの近縁種
  • 11章 種間交雑と新しいアサガオの育成
  • 12章 アサガオにかける夢

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アサガオ江戸の贈りもの : 夢から科学へ
著作者等 米田 芳秋
遺伝学普及会
書名ヨミ アサガオ エド ノ オクリモノ
書名別名 Asagao edo no okurimono
シリーズ名 ポピュラー・サイエンス
出版元 裳華房
刊行年月 1995.4
ページ数 166p
大きさ 19cm
ISBN 4785386169
NCID BN12448063
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95055415
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想