古代日本のミルクロード : 聖徳太子はチーズを食べたか

広野卓 著

平城京長屋王邸跡と推定される地から出土した膨大な木簡のなかに、古代のミルク文化の存在を証明する「蘇」の字が読みとれるものがあった。この蘇こそ、今日のチーズである。渡来した人々により、大和朝時代、蘇は畿内を中心に広く伝播し、天皇家をはじめ貴族社会の重要な滋養源として欠かせないものだった。しかしなぜかその後の日本人の食生活から姿を消す乳製品に現代科学のメスを入れ、閉ざされていたミルク文化を照射する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『魏志』倭人伝の世界
  • 第2章 ミルク文化の担い手
  • 第3章 人類とミルクの出会い
  • 第4章 今も昔もミルクは国家管理
  • 第5章 律令制度とミルク
  • 第6章 王朝文化とミルク
  • 第7章 古代日本のチーズ
  • 第8章 古代のチーズを復元する
  • 第9章 ミルク文化の崩壊

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代日本のミルクロード : 聖徳太子はチーズを食べたか
著作者等 広野 卓
書名ヨミ コダイ ニホン ノ ミルク ロード
書名別名 Kodai nihon no miruku rodo
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1995.4
ページ数 228p
大きさ 18cm
ISBN 4121012399
NCID BN12443059
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95061734
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想