20世紀言語学入門 : 現代思想の原点

加賀野井秀一 著

言語の「構造」の発見が20世紀の知を変えた。言語学革命の核心と巨大な影響に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 「言語と思考」から「言語の思考」へ
  • 1 ソシュール-最初の衝撃
  • 2 構造言語学の誕生
  • 3 アメリカの構造言語学
  • 4 構造主義という知の炸裂
  • 5 記号論の展開
  • 6 生成する言語学
  • 7 開かれた言語学を求めて
  • エピローグ 内側からしか開かぬ鍵

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 20世紀言語学入門 : 現代思想の原点
著作者等 加賀野井 秀一
書名ヨミ ニジッセイキ ゲンゴガク ニュウモン
書名別名 Nijisseiki gengogaku nyumon
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1995.4
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 4061492489
NCID BN12438332
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95055686
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想