てんかん : けいれん準備性と発作発現の神経機構

佐藤光源 ほか編

[目次]

  • 序章 てんかん研究の精神医学的意義
  • 1章 けいれん準備性と発作発現の細胞生物学
  • 2章 神経細胞膜とシナプス特性に現れるけいれん準備性
  • 3章 キンドリングとシナプス伝達増強
  • 4章 てんかん焦点の形成-発作発現の神経回路形状の形態学
  • 5章 発作発現に関わる脳内抑制系と促進系
  • 6章 神経可塑性の生化学
  • 7章 けいれん準備性の世代間伝達の分子機構
  • 8章 てんかん臨床から発作発現のメカニズムに迫る-神経心理学的アプローチ
  • 9章 脳機能の局在と全般化-てんかんの外科的アプローチ
  • 終章 てんかん研究から脳機能を探る-細胞から個体へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 てんかん : けいれん準備性と発作発現の神経機構
著作者等 佐藤 光源
加藤 進昌
日本生物学的精神医学会
書名ヨミ テンカン
書名別名 Tenkan
シリーズ名 生物学的精神医学 vol.9
出版元 学会出版センター
刊行年月 1995.4
ページ数 172p
大きさ 22cm
ISBN 4762287784
NCID BN12432970
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95053575
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想