体液の代謝 : その基礎と臨床

Nathan B.Talbot, Robert H.Richie, John D.Crawford 著 ; 大部芳朗, 沢口重徳 訳

[目次]

  • 目次
  • 体液の代謝に関する一般的解説
  • 第1編 基礎的考察 / p1
  • 水分代謝調節系 / p2
  • 1. 体水分量とその分布の年齢的推移 / p2
  • 2. 水分出納の構成要素 / p4
  • 3. 肺と皮膚からの水分喪失 / p6
  • 4. 水分代謝調節系 / p8
  • 5. 水分代謝調節の動態 / p10
  • 6. 最大水分耐容量と最小水分必要量 / p12
  • 7. 溶質に対する水分の相対的欠乏および過剰の症状 / p14
  • 8. 種々の溶質排泄量における腎濃縮・稀釈力および尿量の正常範囲 / p16
  • 9. 水分耐容量の正常限界 / p18
  • Na体謝調節系 / p20
  • 10. 体Na量およびその分布の年齢的推移 / p20
  • 11. Na代謝調節系 / p22
  • 12. Na代謝調節の動態 / p24
  • 13. Na欠乏および過剰の症状 / p26
  • 14. Na欠乏の発生と回復 / p28
  • 15. Na耐容量の正常限界 / p30
  • K代謝調節系 / p32
  • 16. 体K量とその分布の年齢的推移 / p32
  • 17. K代謝調節系 / p34
  • 18. K代謝調節の動態 / p36
  • 19. K過剰および欠乏の症状 / p38
  • 20. 生体のK耐容限界 / p40
  • 水素イオン代謝調節系 / p42
  • 21. 体水素イオン量とその1日の摂取量および排泄量 / p42
  • 22. 水素イオン代謝調節系 / p44
  • 23. 過剰の水素イオンまたは重炭酸イオンを捕捉する生体緩衝系の能力 / p46
  • 24. 水素イオン代謝調節の動態 / p48
  • 25. 水素イオン欠乏および過剰の症状 / p50
  • 26. 水素イオンおよび重炭酸イオンの耐容限界 / p52
  • Cl代謝調節 / p54
  • 27. Cl代謝調節 / p54
  • 燐代謝調節 / p56
  • 28. 体燐量とその分布ならびに血清無機燐濃度の年齢的推移 / p56
  • 29. 燐代謝調節系 / p58
  • 30. 燐代謝調節の動態 / p60
  • 31. 燐過剰および欠乏の症状 / p62
  • 32. 燐耐容量の正常限界 / p63
  • 第2編 臨床的応用 / p65
  • 乳児栄養 / p66
  • 33. 乳児栄養 / p66
  • 34. 牛乳による新生児テタニー / p70
  • 輸液療法 / p72
  • 35. 輸液療法に用いられる溶液の組成と患者の体液代謝調節 / p72
  • 36. 循環血液量減少の治療 / p74
  • 37. 修復および維持を目的とする輸血に用いられる溶液 / p78
  • 38. 多電解質溶液による維持療法 / p84
  • 39. 胃腸管手術をうけた患者の維持輸液 / p88
  • 40. 糖尿病性ケトアシドーシスの治療 / p91
  • 41. 乳児下痢症の治療 / p96
  • 42. 水中毒の問題 / p98
  • 43. 熱傷に対する輸液療法 / p103
  • 腎疾患 / p106
  • 44. ネフローゼ / p106
  • 45. 汎発性腎炎 / p112
  • 46. 仮性副甲状腺機能低下症 / p117
  • 47. ピトレシン抵抗性の腎性尿崩症 / p120

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 体液の代謝 : その基礎と臨床
著作者等 Crawford, John D
Richie, Robert H
Talbot, Nathan B.
Talbot, Nathan Bill
大部 芳朗
沢口 重徳
Crawford John D.
John D.Crawford
Richie Robert H.
Robert H.Richie
Nathan B.Talbot
書名ヨミ タイエキ ノ タイシャ : ソノ キソ ト リンショウ
出版元 医学書院
刊行年月 1962
ページ数 127p
大きさ 26cm
NCID BN12432733
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63002468
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想