ヘーゲルのキリスト論 : 十字架の哲学

青木茂 著

[目次]

  • 第1章 ヘーゲル哲学とキリスト教
  • 第2章 ヘーゲルのキリスト論(1)-フランクフルト期よりイエナ期へ
  • 第3章 ヘーゲルのキリスト論(2)-その死と復活
  • 第4章 ヘーゲルとニーチェ-「神の死」をめぐって
  • 第5章 三位一体論と弁証法-ヘーゲルの「神的三形形」について
  • 第6章 カントとヘーゲル-神の存在論的証明をめぐって
  • 第7章 アンチノミーについての一考察
  • 第8章 自負の狂気あるいは誇大妄想について-ヘーゲル『精神現象学』の一節

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘーゲルのキリスト論 : 十字架の哲学
著作者等 青木 茂
書名ヨミ ヘーゲル ノ キリスト ロン
シリーズ名 キリスト教歴史双書 12
出版元 南窓社
刊行年月 1995.3
ページ数 306p
大きさ 22cm
ISBN 4816501525
NCID BN12432711
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95049841
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想