工業地域の研究

村田喜代治 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 環境論の発達--近代地理学の基礎-- / p1
  • 第一節 古代における環境論 / p1
  • 一 イオニア・アテナ期 / p1
  • 二 ヘレニズム・ローマ時代 / p9
  • 三 古代地理学と環境論的思考の性格 / p15
  • 第二節 近世における環境論 / p20
  • 一 中世における地理学の停滞と環境論 / p20
  • 二 近代地理学の成立と環境論 / p25
  • 三 啓蒙期の環境論思想--地理的環境論の思想的背景-- / p34
  • 四 歴史観における環境論的思考--地理的環境論の思想的背景(二)-- / p47
  • 第二章 経済地理学の基本問題 / p64
  • 第一節 近代地理学における環境論 / p64
  • 一 ダーウィニズム--地理的環境論の生物学的背景-- / p64
  • 二 近代地理学における環境論--決定論の展開-- / p69
  • 三 決定論の修正と可能論の抬頭 / p86
  • 四 可能論の矛盾とその克服 / p103
  • 五 地理学における環境論の地位 / p118
  • 第二節 地域論の展開とその問題点 / p135
  • 一 環境論からの脱却--景観論と地域論の展開-- / p135
  • 二 地域論の問題点 / p144
  • 三 地域の性格と系統科学への依存 / p160
  • 四 立地論的視点の形成 / p171
  • 第三章 地域論の理論的基礎 / p192
  • 第一節 チューネンの農業立地論 / p195
  • 一 孤立国の全貌 / p195
  • 二 チューネン理論の基礎 / p202
  • (一) 地代による立地の競合 / p202
  • (二) 地力の消耗と補充 / p206
  • (三) 同一肥力における穀収の比較 / p212
  • (四) 地代とその決定 / p215
  • 三 各種農業組織の立地 / p218
  • (一) 穀草式と三圃式との立地競合 / p219
  • I 穀草式経営の地代 / p219
  • II 三圃式経営の地代 / p223
  • III 穀草式と三圃式の立地選択 / p224
  • (二) 集約化と粗放化 / p228
  • I 集約化--輪裁式への移行 / p228
  • II 林業の立地 / p229
  • III 自由式農業圏 / p234
  • IV 畜産圏 / p234
  • 四 チューネン理論の問題点と経済地理学的意義 / p236
  • (一) チューネン理論の問題点と現実 / p236
  • (二) 経済地理学への理論的意義 / p243
  • 第二節 フーヴァーの工業立地論 / p252
  • 一 フーヴァー立地論の体系 / p256
  • 二 移送費と立地 / p262
  • I 移送費の性格 / p263
  • II 移送費と指向 / p266
  • III 最小移送費地点と市場地域 / p273
  • 三 労働費差と立地 / p281
  • 四 生産費差と立地 / p288
  • I 生産費差の実態 / p290
  • II 生産費と市場地域 / p294
  • 五 フーヴァー理論の問題点 / p297
  • 第四章 立地論による現実分析--実証による部分的解答-- / p308
  • 第一節 後進地域における単一工業の立地とその効果 / p311
  • 一 黒部市と工業誘致 / p311
  • 二 誘致政策と立地の選定 / p313
  • 三 立地の決定とその短期間的効果 / p319
  • 四 結び / p330
  • 第二節 わが国の鉄鋼業の立地--輸送費差の検討-- / p334
  • 一 釜石と八幡における立地の選定 / p334
  • I 官営釜石製鉄所の立地 / p335
  • II 民営による再興 / p341
  • III 官営八幡製鉄所の立地 / p344
  • 二 主要原料の海外依存度と輸送費 / p352
  • I 原料の海外依存度 / p354
  • II 海外依存度と輸送費 / p362
  • III 輸送費の実態 / p367
  • 第五章 わが国における工業集積の諸問題 / p384
  • 第一節 集積の諸問題 / p384
  • 一 集積の概念 / p384
  • 二 集積の限界と社会費用 / p389
  • 三 集積度の測定 / p397
  • 四 過集積による社会的損失--工業用水と公害-- / p409
  • I 取水による公害 / p411
  • II 廃水による公害 / p422
  • III 揚廃水の規制 / p425
  • 第二節 過集積回避の方向--わが国立地政策の問題と立地論-- / p429
  • 一 工業基盤の実態と立地政策への要請 / p429
  • 二 立地的施策の展開 / p436
  • 三 立地政策の基礎的方向 / p441
  • 四 立地政策の方向と立地論 / p448
  • 五 イギリスの立地政策とその評価 / p451
  • 六 立地政策と立地論の限界 / p459

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 工業地域の研究
著作者等 村田 喜代治
書名ヨミ コウギョウ チイキ ノ ケンキュウ
出版元 創造社
刊行年月 1962
ページ数 465p
大きさ 22cm
NCID BN12419553
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62006464
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想