尾崎秀実伝

風間道太郎 著

尾崎秀実は、1928年朝日新聞記者として上海に赴き、魯迅ら中国の知識人をはじめ、アグネス・スメドレーやリヒァルト・ゾルゲらと交わる。帰国後も中国問題を論じ、第一次近衛内閣の新体制構想に関与するなど活躍したが、41年いわゆるゾルゲ事件で検挙され、治安維持法等違反のかどで、戦争の終結を見ることなく44年死刑に処された。尾崎の終生の友人であった著者が精魂傾けて書き上げた本書で、その希有な生涯と思想が語りかけるものは何か。日本と中国、そしてアジアの将来に向けて、尾崎が問い続けた問題は、われわれの前にまだそのまま残されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 楠氏の末裔
  • 台湾
  • 第一高等学校
  • 東京帝国大学法学部
  • 疾風怒濤
  • 思想変革
  • 就職・結婚
  • 上海
  • 小休止
  • ふたたびゾルゲと
  • 組織と活動〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 尾崎秀実伝
著作者等 風間 道太郎
書名ヨミ オザキ ホツミ デン
書名別名 Ozaki hotsumi den
シリーズ名 教養選書 85
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1995.2
版表示 新装補訂版.
ページ数 557p
大きさ 19cm
ISBN 4588050850
NCID BN12407328
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95043541
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想