化学結合と反応のしくみ

長谷川正 著

本書では、大学の1年生くらいを念頭に、化学反応を古い結合の開裂と新しい結合の生成の過程と捉え、電荷制御という考え方に従って、反応のしくみ(機構)についてわかりやすく書くことを試みた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 化学反応をミクロな立場で考える
  • 第2章 ボーアの原子モデル
  • 第3章 オクテット則と化学結合
  • 第4章 電子雲モデル
  • 第5章 炭素の結合
  • 第6章 電子雲の偏り
  • 第7章 C‐H結合の反応性
  • 第8章 ハロゲン化アルキルのSN反応
  • 第9章 アルコールの反応
  • 第10章 C=C二重結合の反応
  • 第11章 C=O二重結合の反応
  • 第12章 ベンゼンの反応
  • 第13章 光化学反応

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 化学結合と反応のしくみ
著作者等 長谷川 正
書名ヨミ カガク ケツゴウ ト ハンノウ ノ シクミ
書名別名 Kagaku ketsugo to hanno no shikumi
シリーズ名 ポピュラー・サイエンス
出版元 裳華房
刊行年月 1995.4
ページ数 133p
大きさ 19cm
ISBN 4785386215
NCID BN12404261
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95055209
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想