アルツハイマー病の最先端

立石潤 編

変性型痴呆、特にその中心を占めるアルツハイマー病に関しては病因、治療法ともにいまだ不明で、世界中の研究者がその解明、開発に取り組んでいる。本書の執筆者は自分の研究を中心に、先端領域の学問をわかりやすく解説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アルツハイマー病とニューロン死
  • 第2章 アルツハイマー病関連遺伝子の発現と制御
  • 第3章 アルツハイマー病の分子遺伝学と臨床

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アルツハイマー病の最先端
著作者等 立石 潤
書名ヨミ アルツハイマービョウ ノ サイセンタン
シリーズ名 Newメディカル サイエンス
出版元 羊土社
刊行年月 1995.4
ページ数 155p
大きさ 21cm
ISBN 4897065267
NCID BN12397392
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95050303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想