地域社会の構造と変容 : 多摩地域の総合研究

中央大学社会科学研究所 編

本書は、政治、行政、経済、生活、文化、運動など多面的な角度から、多摩というひとつの「地域(region)」に焦点を当てた総合研究の深化と発展をめざし、そのためのささやかな一石を投ずることを企図している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 多摩地域研究の意義と課題
  • 1 多摩地域論の動向と構図-多摩自立都市圏構想の批判的検討
  • 2 多摩地域自治体の行財政構造
  • 3 「産業構造転換」と多摩地域工業の構造-多摩地域工業の構造と将来構想についての一考察
  • 4 戦後の多摩地域の自治体選挙と地方政治家
  • 5 多摩地域の社会計画と住民生活
  • 6 多摩地域の「市民」像-多摩市調査を中心に
  • 7 多摩ニュータウン開発事業の特徴
  • 8 多摩の南北交通の現状と課題-第三セクターによるモノレール建設を事例として
  • 9 大規模開発をめぐる政治的対抗-圏央道建設の政治過程
  • 10 公社方式によるホームヘルプ・サービスと地域・自治体のホームヘルプ・サービス-町田市在宅福祉サービス公社有償在宅福祉サービス事業調査結果から
  • 11 市民参加とまちづくり-三鷹市コミュニティ政策にみる「参加」の現在

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地域社会の構造と変容 : 多摩地域の総合研究
著作者等 中央大学社会科学研究所
寺西 俊一
書名ヨミ チイキ シャカイ ノ コウゾウ ト ヘンヨウ
シリーズ名 中央大学社会科学研究所研究叢書 3
出版元 中央大学出版部
刊行年月 1995.4
ページ数 398, 64p
大きさ 22cm
ISBN 480571302X
NCID BN12391818
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95051564
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想