戦争犠牲者と日本の戦争責任

三浦永光 著

[目次]

  • 1 戦争犠牲者をどのように記憶するか
  • 2 日本の戦争責任と補償の課題
  • 3 大嘗祭-天皇の威力と恩恵のパフォーマンス
  • 4 近代日本国家の宗教的性格と1990年の天皇代替り儀式
  • 5 遺族として戦没者の追悼を考える
  • 6 「靖国」の過去と現在
  • 7 飽食と軍事大国のゆくえ
  • 8 日本遺族会と靖国神社の関係
  • 9 忠魂碑は戦争の実態とちがう
  • 10 ハンブルクの戦争記念碑をめぐる論議
  • 11 韓国を訪ねて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争犠牲者と日本の戦争責任
著作者等 三浦 永光
書名ヨミ センソウ ギセイシャ ト ニホン ノ センソウ セキニン
書名別名 Senso giseisha to nihon no senso sekinin
出版元 明石書店
刊行年月 1995.3
版表示 増補
ページ数 238p
大きさ 20cm
ISBN 4750306754
NCID BN12384889
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95056625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想