脳死・臓器移植と人権

加藤一郎, 竹内一夫, 太田和夫, 新美育文 著

あなたのお子さんが「脳死です」と宣告されたら-、「移植以外に助かる方法がない」と言われたら-、その時、どうしますか。脳死を前提とした臓器移植には賛否両論がありますが、本書は、厚生省の脳死に関する研究班班長と移植推進を主唱してきた医師、そして2人の法学者の参加によって、医療の最前線の実態を明らかにし、問題点を総合的に捉えようとするものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1. 臓器移植について
  • 2. 脳死について
  • 3. 死の概念と脳死の受容
  • 4. ふたたび臓器移植について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳死・臓器移植と人権
著作者等 加藤 一郎
太田 和夫
竹内 一夫
新美 育文
書名ヨミ ノウシ ゾウキ イショク ト ジンケン
シリーズ名 人権ライブラリイ
出版元 有斐閣
刊行年月 1991.5(第3刷)
版表示 第2刷(増補)
ページ数 8, 222p
大きさ 19cm
ISBN 4641030618
NCID BN00421784
BN06496516
BN1238136X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21461091
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想