薬剤と知覚・感覚障害

本書は薬物療法の副作用として、医師よりも患者が、より早く自覚的に認識しやすい感覚障害が取り上げられている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 薬剤性知覚・感覚障害の種類と病態、その対応
  • 薬剤による知覚・感覚障害
  • トピック

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 薬剤と知覚・感覚障害
著作者等 清水 直容
書名ヨミ ヤクザイ ト チカク カンカク ショウガイ
シリーズ名 コンパクトシリーズ 4
Drug therapy 4
出版元 ミクス
刊行年月 1995.1
ページ数 199p
大きさ 19cm
ISBN 4895874176
NCID BN12354786
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96000902
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想