半導体デバイスの物理

岸野正剛 著

現在の私達の生活は半導体デバイスを抜きにしては考えられない。本書は現在もっとも多く使われているMOSデバイスに重点を置き、半導体表面や界面の電荷の問題を詳述。また、デバイスの物理について量子論的な説明を加えた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 半導体中のキャリアの運動
  • 2 エネルギーバンドと有効質量
  • 3 真性半導体と不純物半導体
  • 4 キャリアの注入とその振舞い
  • 5 表面、界面と電子準位
  • 6 p‐n接合とその特性
  • 7 M‐S接合とその特性
  • 8 MOS構造とMOS電界効果
  • 9 MOSダイオードの諸特性と酸化膜および界面の電荷
  • 10 MOSトランジスタとMOSインバータ
  • 11 CMOSデバイスとラッチアップ
  • 12 微細MOSデバイスのショートチャネル効果
  • 13 LSIプロセスの基礎

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 半導体デバイスの物理
著作者等 岸野 正剛
書名ヨミ ハンドウタイ デバイス ノ ブツリ
出版元 丸善
刊行年月 1995.3
ページ数 231p
大きさ 21cm
ISBN 4621040243
NCID BN12341172
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95045358
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想