日本の伝統思想とキリスト教 : その接点における人間形成論

岡田典夫 著

近代日本黎明期の人間形成論。明治期、圧倒的な勢いで入ってきた西欧の文化・思想に影響されつつ、青年たちは、どう人間をつくって行ったか。「幸」「不幸」の由来は。「立身出世」と倫理は。「自助・自立」と差別は。「人格」の確立は。福沢諭吉・留岡幸助・内村鑑三らの思想形成を考察。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「勧善」と「勧学」の論理
  • 第2章 中村正直における教育的人間像
  • 第3章 福沢諭吉の平等観と伝統思想
  • 第4章 山室軍平の人間変革論
  • 第5章 "地方改良"における「勧学」と「自助」
  • 第6章 留岡幸助における「自助」の問題
  • 終章 内村鑑三における「神義論」の問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の伝統思想とキリスト教 : その接点における人間形成論
著作者等 岡田 典夫
書名ヨミ ニホン ノ デントウ シソウ ト キリストキョウ
出版元 教文館
刊行年月 1995.3
ページ数 294p
大きさ 19cm
ISBN 4764263130
NCID BN12335012
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95049832
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想