子どもの涙

徐京植 著

異色の読書案内。成長への憧れとおそれ、自負と劣等感、希望と失意が交錯した、あの日々。誰もが子どもの頃に刻印されてしまったものを背負って生きていく…。60年代の京都を舞台に描かれる、異数の精神の遍歴。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 思春期の戸口にて-『寺田寅彦集』
  • 子どもの涙<一>-エリザベス・ルウィズ『揚子江の少年』
  • 子どもの涙<二>-ニコライ・バイコフ『偉大なる王』
  • 子どもの涙<三>-エーリッヒ・ケストナー『飛ぶ教室』
  • 豆を煮るに-吉川英治『三国志』
  • いやな奴-太宰治『思ひ出』〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもの涙
著作者等 徐 京植
書名ヨミ コドモ ノ ナミダ
書名別名 ある在日朝鮮人の読書遍歴

Kodomo no namida
出版元 柏書房
刊行年月 1995.3
ページ数 190p
大きさ 20cm
ISBN 4760111395
NCID BN12334993
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95049804
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想