経営の見かた考えかた

吉武尭右 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき / p1
  • 利潤
  • 経営分析は創作である
  • 計数への愛と英知 / p13
  • プランと法則 / p18
  • コストはエネルギーである
  • 原価思想を創る / p28
  • ソシアルコスト / p38
  • 一つの利益思想 / p45
  • 支払能力とはなにか / p47
  • 会計年度と経営年度 / p50
  • 資本は過剰か不足か / p54
  • 酸素負債と交際費 / p59
  • 利益計画における技術と思想
  • ラッカー・プランについて / p64
  • 損益分岐点と経営限界点 / p74
  • 三つの損益分岐点 / p81
  • 利益計画は労働問題である / p86
  • 賃金
  • 賃金格差における二つの模様
  • 人間模様 / p91
  • 資本模様 / p99
  • 賃金における思想と心理
  • 年功給ノスタルジァー / p106
  • 職務給への疑問 / p110
  • 賃金形態の設計 / p118
  • 技術史新・インフレ・賃金
  • 技術革新と賃上げは矛盾するか / p122
  • 賃上げはインフレをもたらすか / p129
  • 人間
  • 細胞だけが知っている
  • 細胞は社会科学である / p133
  • 夢とは過去である / p140
  • 冷温自知 / p151
  • 思想と心理の谷間 / p161
  • 真理は「空間」にある
  • 距離の心理弁証法 / p167
  • 経営比較と距離 / p173
  • ムダと空間 / p177
  • 経済学には空間がある / p179
  • 賃金と空間 / p183
  • 妥協と空間 / p185
  • 経営者と空間 / p190
  • 能率とは「完全なる怠惰」である
  • 不眠症と能率 / p197
  • 医学と企業の生命力 / p199
  • 科学は本能を精錬する / p206
  • 完全なる怠惰 / p209
  • 社会科学と美意識
  • ロマンが科学を創る / p213
  • 美食哲学と貧困哲学 / p220

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経営の見かた考えかた
著作者等 吉武 尭右
書名ヨミ ケイエイ ノ ミカタ カンガエカタ
書名別名 Keiei no mikata kangaekata
出版元 有紀書房
刊行年月 1963
ページ数 222p
大きさ 20cm
NCID BN12319967
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63004910
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想