日本的「近代」への問い : 思想史としての戦後政治

米原謙 著

政治思想の観点から敗戦国特有の戦後的価値観とその変容を正面から分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦後思想の原風景-天皇と平和と
  • 第2章 戦後啓蒙の歴史的位置
  • 第3章 戦後主体性論の境位
  • 第4章 戦後思想における「近代」-丸山真男、竹内好、鶴見俊輔
  • 第5章 「市民」をめぐる政治思想史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本的「近代」への問い : 思想史としての戦後政治
著作者等 米原 謙
書名ヨミ ニホンテキ キンダイ エノ トイ
シリーズ名 シリーズ<政治思想の現在> 5
出版元 新評論
刊行年月 1995.3
ページ数 212p
大きさ 20cm
ISBN 4794802498
NCID BN12292237
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95045114
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想