源頼朝像

米倉迪夫 著

この人物は、本当に、源頼朝なのだろうか。絵は、頼朝の生前、十二世紀末につくられ、神護寺に納められたものとされてきた。しかし、新たな知見のまえに、数多くの疑問が湧き起こる。画風からも、描かれた風俗からも…。絵の素材についても、また、画面の異例の大きさについても…。さらに、従来、唯一の裏付け史料であった『神護寺略記』の再検証によって、画像の主を源頼朝とする通説は、根底から揺らぎはじめる。そして、この像をめぐる歴史的・社会的文脈に、虚心に眼を向けるとき、ここに、新たに一つの文書が浮かび上がる。それは、足利直義が、兄・尊氏と自らの肖像画を神護寺に納めたことを明かす願文である。世に画像は残り、人の名は忘れられる。肖像が歴史の中で果たす真の役割を問い直し、「源頼朝」像の謎を解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 肖像画の場-世俗人物像の場合
  • 2 頼朝像の顔かたち、姿かたち
  • 3 神護寺画像の名前-像主を求めて
  • 4 頼朝像の画風と制作年代
  • 5 「源頼朝」像は何を語りはじめるのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源頼朝像
著作者等 米倉 迪夫
書名ヨミ ミナモト ノ ヨリトモ ゾウ
書名別名 沈黙の肖像画

Minamoto no yoritomo zo
シリーズ名 絵は語る 4
出版元 平凡社
刊行年月 1995.3
ページ数 105p
大きさ 25cm
ISBN 4582295142
NCID BN12288036
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95052243
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想