疱瘡神 : 江戸時代の病いをめぐる民間信仰の研究

ハルトムート・オ・ローテルムンド 著

本書では、赤本、黄表紙、護符を丹念に渉猟し、赤絵などの埋もれた図版や、そこに記された歌や川柳を読み解き、災いのシンボル疱瘡神の姿がやがては守護神として祭り上げられていく過程を追う。民間医療の呪術的世界、日本人の病気観と世界観を浮き彫りにする歴史民俗学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 疱瘡のイメージと医学的立場
  • 疱瘡とその対抗法
  • 疱瘡絵と疱瘡絵本
  • 疱瘡神

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 疱瘡神 : 江戸時代の病いをめぐる民間信仰の研究
著作者等 Rotermund, Hartmut O
ローテルムンド ハルトムート・オ
書名ヨミ ホウソウガミ
出版元 岩波書店
刊行年月 1995.3
ページ数 236, 9p
大きさ 22cm
ISBN 4000020919
NCID BN12278156
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95048656
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想