日米関係の経済史

原田泰 著

ペリー来航に始まり現在の通商摩擦に至る日米経済関係。大戦を経て戦後復興、高度経済成長、経済大国へと進む日本の歩みはアメリカとともにあったが、両国の関係はどう推移してきたのだろうか。史実に学び、今後の国際関係を考える上で重要な示唆を与える一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ペリー来航
  • 第2章 日清・日露戦争とアメリカ
  • 第3章 1920年代から対米戦争まで
  • 第4章 対米戦争-戦争経済の根本矛盾
  • 第5章 戦後の三大経済改革-占領目的の変遷
  • 第6章 企業を強くしたドッジと都市を弱めたシャウプ
  • 第7章 貿易摩擦の発生ワンダラーブラウスからICへ
  • 第8章 日米構造協議-問われる日本の経済体質
  • 第9章 アメリカの貿易政策と日本の立場
  • 第10章 日米関係の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日米関係の経済史
著作者等 原田 泰
書名ヨミ ニチベイ カンケイ ノ ケイザイシ
書名別名 Nichibei kankei no keizaishi
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1995.3
ページ数 202p
大きさ 18cm
ISBN 4480056270
NCID BN12255467
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95054992
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想