河内幻視行

川村二郎 著

河内〔かわち〕-京・大和に比肩し得る魅惑と日本成立の謎にみちた歴史の秘庫。その河内を自らの目と足で丹念に感受し、"詩念"で幻視した、ニギハヤヒ、巨大古墳群、聖徳太子、菅原道真、楠木父子、そして、しんとく丸伝承…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古墳
  • 第2章 古社
  • 第3章 古寺・南北朝
  • 第4章 竹内街道
  • 第5章 太子の跡
  • 第6章 天神・大坂の陣
  • 第7章 しんとく丸
  • 第8章 寺内町
  • 第9章 ニギハヤヒの国

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 河内幻視行
著作者等 川村 二郎
書名ヨミ カワチ ゲンシコウ
出版元 トレヴィル
刊行年月 1994.11
ページ数 241p
大きさ 20cm
ISBN 4845709694
NCID BN12251841
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95030542
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想